HOME > 法律相談Q&A

法律相談Q&A

裁判の途中で被告が死亡し、相続人全員が相続放棄した場合、裁判はどうなりますか?

(1)まず、被告に訴訟代理人がついていない場合は、訴訟は中断します(民事訴訟法第124条第1項第1 号)。相続人全員が相続放棄したときは、訴訟手続を受継させるため、原告が相続債権者として死亡被告の相続財産を管理する相続財産管理人選任の申立てを行 うことができます(民法第952条第1項)。民法第951条の「相続人があることが明らかでないとき」には、相続人全員が相続放棄をした場合も含まれると 解されるからです。そして、相続財産管理人が選任された後、相続財産法人を被告とする訴訟受継の申立てをすることになります。
次に、被告に訴訟代理人がいる場合には、上記と異なり訴訟は中断しません(民事訴訟法第124条第2項)。この場合には、そのまま弁論を終結して死者名義 の判決がなされる場合も理論的にはありえますが、当事者適格の面で不安が残るでしょうから、やはり上記同様、相続財産管理人選任の申立てを行うことになる のが通常と考えられます。
(2)相続人全員の放棄があるというためには、配偶者(民法第890条)、第1順位の相続人(被相続人の子、民法 第887条第1項)、第2順位の相続人(被相続人の直系尊属、民法第889条第1項第1号)、第3順位の相続人(被相続人の兄弟姉妹、民法第889条第1 項第2号)の全員の相続放棄が確定することが必要です。特に、第3順位の相続人には代襲相続が認められるので(民法第889条第2項、第887条第2 項)、すべての相続人の相続放棄申述受理が終了するまでにはある程度時間がかかります。
相続放棄の申立ては、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して行います。申立を受けた家庭裁判所は、申立人の意思を確認するため照会を行うことが通常ですので、その照会により申立人の相続放棄の意思が確認された段階で相続放棄の申述が正式に受理されることになります。
実際に相続人全員が相続放棄するのにどのくらいの時間がかかるかについては、相続人の数にもよるので一概には言えませんが、戸籍の調査によって第3順位の 相続人まで割り出すのに時間がかかること、相続放棄の熟慮期間3カ月(民法第915条第1項)の起算点が各相続人にとり各人のために相続の開始があったこ とを知ったときとされているため、例えば第1順位の相続人による相続放棄申述受理がなされなければ第2順位の相続人の相続放棄の熟慮期間は開始しないこと からすれば、すべての相続人の相続放棄申述受理が終了するまでには、ある程度の時間がかかることに留意する必要があります。
(3)なお、相続財産管理人選任の申立てをしてから、実際に相続財産管理人が選任されるまでには、1.5か月~2か月ほどかかるとされていますが、各家庭裁判所によって運用が異なることもありますので、まずは被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に問い合わせることが望ましいです。