HOME > 所属弁護士

所属弁護士の紹介

代表弁護士 佐藤彰紘

代表弁護士佐藤彰宏より ごあいさつ

法律相談では初回から鋭く深い分析と分かりやすい説明に努めています。
委任を受けた場合には、的確でかつスピーディーな処理をしております。
書類の写しはオートマティックに送付し、都度のご報告も欠かしません。
弁護士費用も適正で明確です。安心してご依頼下さい。 

略歴

昭和34年6月岩手県花巻市生まれ
昭和53年3月岩手県立花巻北高校卒業
昭和54年4月早稲田大学法学部入学
商法・酒巻俊雄教授のゼミに所属。
昭和58年3月早稲田大学法学部卒業
卒業間近になり、司法試験受験を思い立ち、卒業した年より受験開始。
昭和62年10月司法試験合格
昭和63年4月最高裁判所司法修習生(司法研修所42期)
平成2年4月弁護士登録(第一東京弁護士会)
「丸の内共立法律事務所」入所
クライアントに大手建設会社、大手土木会社、大手メーカー数社があり、企業法務を中心に研鑚を積む。
平成7年5月佐藤彰紘法律事務所開設
平成14年6月事務所を現在地に移転、「佐藤綜合法律事務所」と改称。
その他・平成6年6月~平成9年6月
株式会社田村電機製作所(現田村大興ホールディングス株式会社・東証1部上場)社外監査役。

・平成15年~
富士ゼロックス株式会社倫理・コンプライアンス外部委員。

・平成17年~22年
株式会社もしもしホットライン(東証1部)の企業買収に関する特別委員会の特別委員を務める。

・平成20年4月~22年3月
民事調停委員を務める。

・平成20年6月~
株式会社もしもしホットライン社外監査役。

・平成28年12月~
ニチバン株式会社の社外監査役。

弁護士 川島 一殻

弁護士 岩崎 理
ご依頼を頂く全ての案件について、依頼者の利益を最大限実現すべく、誠実かつ迅速に対応し、数ある解決策の中から最善の策をご提案致します。
 法人のお客様、個人のお客様を問わず、また、身近な法的問題から企業間の大型紛争に至るまで、幅広いご相談に対応すべく、日々研鑽を積み経験を重ねて参ります。
 どうぞお気軽にご相談いただき、弁護士とのアクセスの良さを実感していただければ幸いです。
略歴
平成2年1月長野県生まれ
平成20年3月長野県飯田高等学校卒業
平成24年3月中央大学法学部法律学科卒業
平成26年3月東京大学法科大学院卒業
平成26年9月司法試験合格
平成27年12月司法修習修了(第68期)
弁護士登録(第一東京弁護士会)
平成28年1月当事務所入所

奥山興悦 (客員弁護士)

弁護士 岩崎 理
弁護士法第2条では、弁護士は「常に、深い教養の保持と高い品性の陶やに努め・・・なければならない。」と定めています。
弁護士は、さまざまな問題や悩みを抱えた人や関係者と接します。その問題や悩みをまっすぐに受け止め、それを整理して紛争解決のために助言することは容易なことではありません。
家庭・職場環境、成育歴の違いに応じて、悩みの内容や問題の深さはそれぞれ異なります。それらを柔軟かつ公平に受け止めるためには、弁護士はいつでもクライエントの身に寄り添うような反響板を胸に持っていなければなりません。そのためにはどんな人の話にも耳を傾けられるような深い教養と高い品格が必要です。それは人間理解の能力と幅を広げてくれるからです。
 趣味が直ちに教養と品格の保持につながるとはいえませんが、私は若いときから囲碁、音楽鑑賞、合唱、旅行、文学鑑賞、記録映画制作、ギターなどが好きで、70歳を超えてからもそれらを続けています。近年、俳句の趣味も加わり、新しい世界が開けました。
 私はこれまで、裁判官や公証人として多くの人に接してきましたが、その際自分の生活体験や趣味の経験が大変役に立ちました。できるだけ相手の身に寄り添うようにしながら耳を傾け、公平であること、柔軟であることをモットーとしてまいりました。
 弁護士として実際に仕事をするに当っても、そのモットーを大事にしてゆきたいと思っています。
略歴
昭和16年宮城県石巻市生まれ
昭和39年東北大学法学部卒業
昭和41年修習終了(第18期)。東京地裁判事補
昭和44年仙台地家裁判事補
昭和47年最高裁事務総局家庭局付
昭和50年家庭裁判所調査官研修所教官
昭和52年盛岡地家裁一関支部長
昭和54年最高裁事務総局家庭局第三課長
昭和58年同第一課長
昭和60年東京地裁判事
昭和63年司法研修所民事裁判教官
司法試験考査委員(民事訴訟法担当)
平成元年司法試験考査委員(民法担当)
家庭裁判所調査官研修所長
平成7年釧路地家裁所長
平成10年東京高裁部総括判事
平成15年公証人(東京法務局所属)
平成23年弁護士登録(第一東京弁護士会)
同   年叙勲 瑞宝重光章
平成27年佐藤綜合法律事務所・客員弁護士
主な著作、論文ほか
判例不動産法 譲渡担保(共著) 1969年 新日本法規出版
「刑事破棄判例評釈」 1971年 法学35巻4号
「少年非行対策と家庭裁判所の処遇」 1974年 警察研究45巻8号
「少年法改正問題の展望―植松部会長試案について」 1975年 家裁月報27巻12号
「家庭裁判所と関係機関」共著 1976年 別冊判例タイムズ№6
「少年事件・主要裁判例の概観」共著 同
「債権の残額請求と弁済の抗弁」民事実務ノート3 1967年 判例タイムズ社 
「裁判上の和解と登記」 1970年 判例タイムズ246号
「養子縁組無効確認の訴における第三者の原告適格」 1977年 判例タイムズ367号
「公団住宅の無断転貸と解除」 1978年 判例タイムズ390号
「遺言執行者の権限(1)(2)」 1977年 青林書院新社
「民事訴訟のプラクティスに関する研究」 1989年 法曹会 司法研修所
昭和61年度司法研究(共著)
「抗告審からみた遺産分割審判」 2002年 判例タイムズ1105号
「亡き畏友涌井紀夫・近藤崇晴両元最高裁判事に捧げる 法廷こぼれ話」 2011年 「法曹」727号
「夢の地中海クルーズ」 2011年 「公証」162号
「石巻と公証人の歴史」 2012年 「公証」167号
「ふるさと石巻への想い 公証人と西洋文学(上)」 2012年 「法曹」744号 
「同                  (下)」2012年 「法曹」745号 
「特別講演会・長崎原爆を乗り越えて 六九年目の「雅子斃れず」の物語」 2014年 「法曹」768号