HOME > 相続のご相談

相続のご相談

相続の事前準備に関心がある→ ・遺言書作成について ・遺言の委託について これから相続が始まる→ ・相続の手続きの流れについて ・スムーズな遺産分割について 遺産分割で争いが起きている→ ・遺産分割交渉や調停について

相続の事前準備に関心のある方へ

相続の事前準備に関心のある方へ

などなど、相続の事を案じて対策を考える方はたくさん、いらっしゃいます。
実は、遺言書の作成を弁護士に相談することで、その相続をスムーズに進められやすくなります。
遺言書の作成を検討されるなら、遺言書の種類や、遺言書の効力について確認しておきましょう。
また、遺言の委託をすることで、遺言の実行をより確実に行うことができます。内容はこちら をご確認ください。

遺言書作成について

遺言書の種類
自筆認書遺言 費用をかけずに作成のできる遺言書です。証人は必要ありません。その代わり家庭裁判所にて検認を受けなくてはなりません。それゆえに作成後の手間がかかってしまいます。
公正証書遺言 公証人が遺言内容を確認して作成する遺言書の事をいいます。公証人が作成をするので、家庭裁判所で検認を行う必要はありません。また、遺言が無効になったり、偽装されたりすることもないので最も安心していただける方法です。公証人役場での手数料が多少かかりますが、おすすめです。
秘密証書遺言 遺言内容を相続発生まで秘密できる遺言書のことをいいます。内容を秘密にすることができますが、公証人と証人に秘密証書遺言であることを証明してもらう必要があります。
遺言書の効力
相続において、遺言書がある場合には遺言書に記載されている遺言内容が最優先されます。
遺言書があることで、財産を譲る相手を特定するなど、自分の意思通りに財産の分配を決める事が出来るのです。
事実、遺言書が無い事によって遺産分割協議がスムーズに進まず、争いのおこる場面を多く見てきました。
残すものが多く、譲る相手が多い場合ほど遺言書の力が大きく働きます。

遺言書作成に関する報酬についてはこちらをご覧ください。

遺言の委託について

遺言書の執行を弁護士に任せる事ができます。
未成年や、障害者など管理能力に信頼のない者が相続人になった場合や相続人の排除を考慮した場合に使用される事が多いです。

主な業務内容 ●遺言書の作成と保管 ●遺産分割に関する相談 ●遺産の一時保管 ●財産目録の作成 ●遺言内容の執行 ●税金面の相談

佐藤綜合法律事務所では、遺言の執行に関する相談を積極的に行っております。遠慮なくご相談ください。

これから相続の始まる方へ

相続が発生したがどのように進めていったらいいかわからない。
遺言書がなく、スムーズに被相続人の財産を分配できるか不安だ・・・。
遺言書の内容をみたが、相続人全員が納得してくれそうにない・・・

などなど、相続が発生し、どう進めたらスムーズにいくかわからず悩んでいらっしゃる方は、
まずは相続手続きの流れと相続において重要になってくる遺産分割について確認しておきましょう。

相続手続きの流れについて

相続手続きは、相続税申告が必要になる場合は相続発生から10カ月以内に相続手続きを完了させなければなりません。(相続財産が5000万円未満の場合は相続税申告は必要ありません)

相続手続きの流れについて

遺産分割について

遺産分割協議は相続人同士の任意にて行われます。
相続人全員で協議し、全員が賛成した場合は遺言や法定相続分を無視して遺産分割を行うことができます。
佐藤綜合法律事務所では、遺産分割を争うことなくスムーズに進めるために遺産分割協議が開始される前からのご相談を積極的にお受けしております。
弁護士の経歴や事務所の事が気になる方はどうぞ代表弁護士紹介と事務所概要をご覧ください。

現物分割 現物分割は一般的な分割方法です。言葉の意味の通り現物を相続人それぞれに配当させる分割方法です。
代償分割 現物でうまく分割できない場合は、価値の高い現物を譲り受ける代わりに金銭を支払って分割をスムーズに行います。
換価分割 遺産を金銭に変換したうえで、その金銭を上手に分割する方法の事をいいます。
譲り受けた財産の価値が時間とともに下がってしまう場合によく使われる分割方法です。

遺産分割において、争いが起きてしまっている方へ

遺産分割において、争いが起きてしまっている方へ 父親の財産を兄弟に独占されてしまっている・・・・。 うまく遺産分割ができず、もめごとに発展してしまっている・・・。 遺言書の中身が不公平である・・・・

などなど、相続でよくある争続がおきている方へ
佐藤綜合法律事務所では熟練の弁護士が、皆様の遺産分割がスムーズに行えるように遺産分割交渉や遺産分割の調停を行っています。
争続でお悩みの方は、まずはメール かお電話にてご相談ください。
ご相談の流れはこちらから。

遺産分割交渉や調停について

相続人同士で分割方法がまとまらない際に弁護士が相続人の代理人として交渉をおこないます。
また、交渉がまとまらない時は調停に移行します。
相続の遺産分割交渉には、様々なケースがあり、交渉をスムーズに進めるには経験がなければ行えません。
佐藤綜合法律事務所の代表弁護士佐藤彰紘であれば数々の交渉をスムーズにとりおこなった実績がございます。
頼りになる交渉人をお探しなら、佐藤綜合法律事務所におまかせください。